ブログトップ

運泉館 館長ブログ

unsenkan.exblog.jp

占いの館「運泉館」の館長が日々の出来事などを綴ります。

八雲先生に聞く、意外なパワースポット

こんにちは。
日中はまだまだ暑いですが、朝夕は涼しくなってきましたね。

運泉館では、しばらくお休みをされていた八雲先生が
9月に復帰されました。

八雲先生といえば

d0178652_1264069.jpg


こちらの本の執筆者に名を連ねている、
パワースポット研究の第一人者でもあります。

そんな八雲先生のブログの記事で、とても興味深いお話があったので
冒頭だけ転記させていただきました。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
京都・奈良は断層上に建てられた古都である

(1)京都・奈良のパワースポットは断層上にある

京都・奈良は良い社寺(パワースポット)が多いところとして知られていますが、そこは実は断層地です。
パワースポットと断層の関係はよく知られていますが、京都・奈良が断層地であることは知られていません。

京都市内の鴨川の東側に古い社寺が密集しているのですが、その地帯の断層を調べてみると、断層密集地帯であることが分かります。
断層というのは単に地層だけのことではなく、断層がある土地というのは、地球の奥深くからエネルギーが噴出しているということがあります。

これはすべての断層に当てはまるというわけではないのですが、パワースポットと断層というのは、密接な関係があります。

サンフランシスコに行ったことがありますが、そこに行った時の印象を一言で言うなら「伊勢神宮と同じ」ということでした。
サンフランシスコと言うアメリカ西海岸を代表する街の一つと、伊勢神宮が同じというのは、ちょっと考えにくいかと思いますが、「地下深い地層からエネルギーが吹き上がっている場所」という意味ではまったく同じ土地で、伊勢神宮は中央構造線という断層地に建っているのは、知っている人は知っているという事実です。
なので、アメリカ西海岸において、ヒッピーなどの精神性を重視する文化が起きたというのも、断層地ということで考えるなら、とても理解しやすくなります。

断層というと地震が心配ですが、文部科学省 研究開発局 地震防災研究課 地震調査研究推進本部(http://www.jishin.go.jp/main/index.html)によると、京都・奈良の断層において、30年以内の地震発生確率は、0~5%と非常に低いので、特に心配する必要はなさそうです。(http://www.jishin.go.jp/main/yosokuchizu/kinki/p26_kyoto.htm)

※続きはこちらからどうぞ。
わかりやすい地図も載っています。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
断層=
「地下深い地層からエネルギーが吹き上がっている場所」=パワースポットなんですね。
シスコが伊勢神宮と似ている…というのも実際に体験した八雲先生ならではの視点です。

さあ、秋は行楽の季節。
どうせ行くならパワースポットでエネルギーチャージ!
八雲先生に本当にご利益のあるパワスポを聞いてみてはいかがでしょう?

八雲先生の運泉館出演日は
9月20日(木)13:00−18:00 です。
ご予約受付けは明後日の日曜日からとなります。
お電話でどうぞ。

運泉館:(048) 931-6565
[PR]
by unsenkan | 2012-09-07 12:18 | 先生方からみなさんへ