ブログトップ

運泉館 館長ブログ

unsenkan.exblog.jp

占いの館「運泉館」の館長が日々の出来事などを綴ります。

<   2011年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧

運泉館はスピリチュアルや、タロット等の西洋占術の先生が多い、
というのがみなさんのイメージのようですが、
実は東洋占術を扱う先生もいらっしゃいます。
そんな先生のお一人が順震先生。
順震先生は易占を専門とされており、実は運泉館ではたった1人の「易者」なんです。

順震先生に、「易学」についてちょっとだけ話を伺いました。

易占いは筮竹(ぜいちく)というものを使います。
長い棒のように見えますが、これはノコギリソウの茎を乾燥させたもの。
50本の筮竹を操作して卦や爻を選び定め、 吉凶を占います。
1000年前からと、その歴史は大変長く、
九星気学などの東洋系の占いは、この易占が元であるものが多いのだそうです。

↓長い棒のような物が筮竹(ゼイチク)で、筮竹が入っている筒が筮筒(ゼイトウ)です。
d0178652_21113762.jpg


さらに易者は歴史の影でも活躍しているそうです。
織田信長、豊臣秀吉には軍師で易者の竹中半兵衛が、
徳川家康には僧で易者の天海僧正が、
初代総理大臣の伊藤博文には、親戚の高島易で有名な高島嘉右衛門が、
さらに近代では、パナソニック 創業者松下幸之助には僧で易者の加藤大観がおり、
常にアドバイスをしていたそうです。
なかなか興味深い話ですよね。

歴史ロマンを感じさせる易占、みなさんもぜひ体験してみて下さい。
順震先生の次回の鑑定日は8月7日(日)。現在、ご予約受付中です。
[PR]
by unsenkan | 2011-07-25 21:19
前回、お知らせした『anan特別編集 血液型スーパーBOOK』が7/7(木)に発売されました。

発売日当日、早速本屋さんに行き4冊を購入してきました。
内訳は、来館されたお客様に読んでいただく用が2冊・資料用が1冊・自分用が1冊 です。

中身はお見せできませんが、一之瀬水希先生とマリア・カッツ先生は130ページの『当たると評判の占い師ファイルSpecial』に掲載されていました。
撮影風景を見学していた私ですが、こうやって本として出来上がったものを見るのは、
ものすごく感慨深く誇らしい気持ちになりました。
写真もとても美しく、やっぱりプロの仕事は違うな~と実感もしました。

先生方のちょっとした情報と、鑑定する際に使う道具など掲載されていますので、
少しでも気になる方は読んでみてくださいね。
もっと気になる方は、ぜひ鑑定を受けてみて下さいね。
d0178652_1433775.jpg

[PR]
by unsenkan | 2011-07-10 14:09